×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

カウンセリング運営者情報

運営者(カウンセラー)情報Web Master

札幌子供の相談カウンセリング-トップページへ戻る


カウンセラーの紹介

私のプロフィールなど

はじめまして。田澤安弘(たざわやすひろ)と申します。私はいま現在(2012年)札幌市内にある北星学園大学で教員をしております。所属は社会福祉学部福祉心理学科です。普段は学生たちとともに、臨床心理学・カウンセリング心理学の世界を探求しています。

いまの大学の前には、北海道教育大学旭川校に勤務していました。その前は、同じく旭川市内の精神科病院でカウンセリングのお仕事をしていました。

心理カウンセリングの世界に足を踏み入れてからすでに20年以上たちましたから、もうカウンセラーとしては初心者ではないのですが、迷いながら、普通の人間として生きています。

私のカウンセリング・ルームについて

主に休日になりますが、自宅がある札幌の隣町、江別市野幌屯田町にて無料のカウンセリング・ルームを開設しています。少しだけ宣伝をさせて下さい。

私がカウンセリングを無料で行っているのは、経済的な意味で高価なカウンセリングを受けることができない方々を視野に入れてのことです。カウンセリングの世界では料金を取って有料で行うことが常識となっていますから、私は非常識なカウンセラーなのです。料金を払わないと(たとえば)クライエントの動機づけにかかわるとか、相談者が遠慮してしまうとか、カウンセリング的には好ましくないという方々が多数派なものですから、私は非常識で、なおかつ少数派のカウンセラーということになるでしょう。しかし、実際に無料で行ってみると、多数派の言う常識は間違っていると考えざるを得ません。

私の相談室には子ども用のプレールームがないので、このホームページで紹介しているような子どものカウンセリングは行っていません。大変申し訳ないことだと思います。しかし、子どもではありませんが、大人の方々を受け入れて無料カウンセリングを行っていますので、悩み苦しみ、こころの痛みを癒したい、話を聞いてほしいという方は、どうぞご連絡下さい。いつも予約待機状態が続いていて、すぐには受け入れられない日々が続いているのですが、できるかぎり都合を付けたいと思います。

こちらが私の相談室のホームページです。(→http://www7b.biglobe.ne.jp/~nopporo-counseling/) どうぞ一度のぞいて下さい。札幌からJRで20数分ですから、思ったほど遠くありません。実際に、札幌市内の方々のご利用が多くなっています。駐車場も用意していますから、自動車での来談もOKです。

私の実践と研究

いまは主に二つの領域について研究しています。ひとつは、治療的アセスメントと呼ばれるもので、心理アセスメントをブリーフセラピーとして行うものです。これは、カウンセリングの世界に巣くっている診断主義に対するアンチテーゼでもあります。医学モデルに基づくものや精神分析ないし力動的アプローチなどに顕著に認められるのですが、治療者が患者を診断してそのうえで治療するという、上下関係の政治学がそこにはあります。偉い人が弱者に治療を施すような、一方的な関係性のことです。見立て、見立てと、見立てを強調する臨床家もそこに入るでしょう。心理治療をするために情報を収集するのは当然のことのように感じられるかもしれませんが、その背景には、ヒューマニスティックな相互性や、対等性がないがしろにされた現実があるのです。

もうひとつは、声のカウンセリングを研究しています。ボイスセラピーのような、声の出し方のトレーニングのことではありません。心の中に響いているさまざまな声たちに働きかけて、矛盾して響き追う声たちの対話を促進するようなアプローチのことなのです。バフチンというロシアの思想家がいますが、彼のポリフォニーの言語学を取り入れた手法でもあります。

私の実践は、とても幅広いものであると我ながら思います。というのは、疾患や悩みの種類を限定するようなカウンセラーではないからです。カウンセラーのなかには特定の悩みや障害を対象にするスペシャリストが存在していますが、私の場合は幅の広いジェネラリストのスタイルで行っています。ですから、相談者の幅が広く、どんな方とでもお会いすることができるのです。悪く言えば何でも屋と呼ばれそうですが、何と呼ばれようが構いません。加えて、私の場合は、精神医学的な診断とか心理学的な診断にはこだわりません。クライエント中心療法のロジャーズがそうであったことがこころ強いのですが、「人として」相談者とお会いするだけです。相談者と私が、人として、ともにあることという、プレゼンスのカウンセリングを心がけています。治療者が患者に治療を施すような医学モデルはもう捨てました。人として皆さんとお会いするつもりです。






関連記事


札幌のカウンセリング・ルーム
子どもの心療内科 札幌市
G+


Nopporo Counseling RoomNopporo Counseling Room

私の勤務先に併設されているカウンセリング・センターです。お子様のご相談にご利用ください。

北星こころの相談室
〒004-8631
北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1
TEL 011-802-3822
ホームページ: http://www.hokusei.ac.jp/